スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
英語でしゃべらナイト 6/2
えと。
自分の お勉強用に、忘れないように書き残しておきたいフレーズや単語等です。
ほんっと メモ書きなので、サラッとスルーしてくだぱい。


パックン  “ Do jokes not work in Japanese? ”
       「 日本語で言おうとして スベることはないですか? 」
マシ・オカ “ Oh, my jokes fail all the time in Japanese. ”
       「 しょっちゅう スベってますよ、日本語でね。 」
 
スベる    否定語+work / fail / fall flat   ( 主語は人でなくjoke )

ジョークで場を凍らせる    I freeze it with my joke.  ( it = the room ) 

sitcom     シチュエーション・コメディー
stand-up  漫談
improv     即興コメディー ( ←Disney World の Comedy Warehouse はコレ )
satire     風刺

vocal percussion    ボイパ 

self-deprecation   謙遜  控え目  卑下

thinking outside the box  型破りな思考
thinking  inside the box  常識的な思考

That balance really broadens your horizons.

Jokes and satire highlight what’s serious.
They add emotional punch.

Jokes in a speech are salt on a watermelon.


As long as you’re able to laugh at yourself, you’re doing fine.
「 どんな時でも自分を笑うゆとりがあれば大丈夫。 」

Just as watermelon is sweeter with salt, life is sweeter with laughter.
「 スイカに塩! 人生にジョーク! 」

Enjoy yourself the way you are, and fortune will favor you.
「 ありのままを楽しめれば自然と運も向いてくる。 」

Where there is a smile, there is a way.
「 笑いあるところ道は開ける。 」



スポンサーサイト
【2008/06/03 07:01】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
fly
        fly    ハエ
     firefly    蛍        ( 分かる分かる )
  dragonfly   トンボ      ( 分かる気がする )
   butterfly    蝶        ( ・・・・・・ )


  Your fly is undone.     「 社会の窓が開いてますよ。 」

  fly   [ 《英》では pl ]
      【 服 】 ( ジッパー・ボタン列などを隠す ) 比翼 ( あき )
           ( 特に ズボンの ) 前あき

え?
「 社会の窓 」 って、死語?
うちの お母さん、よくお父さんに言ってたんだけど…。  ( ←父親の威厳が崩れる瞬間 )
じゃぁ、なんて言うんだろう…。
「 “こんにちは” してますよ。 」 とか?
あ、でも、それじゃ、モザイクかけないといけない状態みたいだよね…。
そんな人、いませんって!
( 彼女の鼻毛を出てるのを知らせる KREVA さん?…笑 )

辞書では、「 ズボンの前が あいてますよ。 」
つまんない…。
芸が無いよねぇ。    ( ←芸をもとめるとこじゃない )


【2008/02/02 20:50】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
打倒 「トッペンシャン」
本日、3つ目のエントリです。
一つ前のエントリに拍手して下さった方、ありがとうございます。  m( _ _ )m

さっき、『夢の扉』 で、ドコモ CM の 『ぼくたちの自由』 篇 60秒vers. が流れました。
でも、前に流れていたのと、変わりなかったような…。
改訂版って、関西では放送されないのかな?    今後、放送されるのかな?
私が、違いに気付かなかっただけなのかな?
今後も、ドコモ CM には、気を付けていようと思います。


昨日、デンバー を デンマーク と聞き間違え、
カツカツでは、リアさんの “Don’t be shy.” が、
「トッペンシャン」に聞こえた私。
これは、ヒアリングの お勉強をしなければ!と思い、
ネットで、いろいろ捜してみました。
そしたら、とってもタイムリーな映像&音声を発見。

今夜、アメリカのテレビ業界の祭典、エミー賞の発表なんですね。
で、関連した番宣っぽいものが、ネットで沢山見られました。

The Primetime ‘Emmys’ Go Green という映像では、
エミー賞の授賞式、レッドカーペットではなく、
テレビ的に、目に優しい色のカーペットを使用しているとか、
(Go Green なのに、映像を見たら、どうも青に見えるんだけど)
エコロジーということで、リサイクルの木材等を使っているとか、
ハイブリッド車を使用しているとか…。

最近は、どんな番組が流行っているのか、疎いのですが、
映像を見ていたら、かなり後の方だけど、
ノミネートされた番組の紹介が次々に流れて…。

James Lipton さんホストによる ‘Inside the Actors Studio’ の映像が!
この番組、以前 NHK で放送されてて、すごく好きだったんです。
アメリカでは、今も放送されているんですね。
また、NHK で放送して欲しいなぁ。
( 私の脳内 『赤ニシ。をプロデュース』 では、仁さんが、この番組の日本人初のゲスト )

チャーリー・シーンさんの ‘Two And A Half Men’ は、初めて見たけど、爆笑。
LEAD ACTOR IN A MINISERIES OR A MOVIE としてノミネートされている俳優さんに、
マシュー・ペリーさん と トム・セレック さん、お二人の名前が。
お二人とも、前に 『心の中心で “ I do. ” を叫ぶ』 のエントリで書いた、
ドラマ 『 FRIENDS 』 に出演されてたんですよね。
懐かしい。

私が偶然見つけた このサイトの動画では、チャーリー・シーンさんや、
キーファー・サザーランドさん(‘24’もノミネートされてます)の
インタビューもありました。
動画に流れる内容は、刻々と変わっているようなのですが、
見てみたい!という方は、
上の赤い文字の「サイト」を ポチッ で、見られると思います。
パソコン画面右上に、動画の小さい画面が出ますので、そちらをご覧下さい。
( あ、最初や途中に、CM が入ります )

エミー賞、アメリカで今夜発表ということは、
明日の朝の『めざまし』で、ギリギリ放送されるかしら。
楽しみ~。


【2007/09/16 19:55】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
とりあえず やってみる
昨日、英語の お勉強を始めよう! と思って、
まずは、勿論、『仁さんの英語de告白』 を見ました。   (やっぱり、1回じゃなかった…)

あとは、何で お勉強しようかな~?と考えつつ、
また、毎晩の日課(晩課?)、KAT-TUN ファンの皆様のブログ巡りをしていました。
で、ちょうど パソコンに向かっているのだし、
以前のように、アメリカの Yahoo ニュースでも読んでみよう!と思い、サイトへ。

おお!    英語だらけだ!     ( ←当たり前 )
久しぶりに見るサイトは、トップページのレイアウトが変わっていたけれど、
まぁ、いろんなニュースが読めそう。
いきなり難しい話題だと挫折しそうなので、簡単そう&面白そうなニュースを…。

あった!

ピープル誌による『ベスト&ワースト ドレッサー賞』についての記事。
名前を挙げられている方々は、皆さん、
ファッションのテイスト(スタイル 好み)を評するニックネームがつけられているそう。
リストのトップを飾る栄誉に輝いた Beyonce さんは、
“The Showstopper” と称されてて…。
showstopper って?     辞書ー!

「公演を中断するほどの喝采をうける名演技(者)[名せりふ、歌など] 
 人目をひきつけるもの[人]」

へ~。   初めて知った単語だわ。   メモメモ。
Cameron Diaz さんは “The Legs”、 Katie Holmes さんは “The Classic” なのね。
なんか分かる気がする…。

ニュース記事なんだけど、
Cameron Diaz さんは、“The Legs” として トップ10に “walked into” し、
Katie Holmes さんは、“The Classic” として リストを “graced” した、
っていう表現を使っていて、文章の上手さに感動~。

去年は、読者投票で Jennifer Aniston さんが1位だったけど、
今年は読者の意見を聞くことなく、ピープル誌の編集部が、
ランキングを付けずに10名を選んだそう。

Jennifer Aniston さんって、
昨日のエントリ 『心の中心で “ I do. ” を叫ぶ』に書いた、
あの “I do.” の レイチェル 役をなさっていた女優さんなんですよね。
この方の お名前を、記事の中に見つけて、
あ、数時間前に書いたわー!って、偶然に驚きました。

“British Accent” の section があるのは、
アメリカでの、『韓流』ならぬ『英流』の流れを受けてなのね…。

この記事について、コメントを書いていらっしゃる方々が、
すっごく多いんですよ。
納得している方、反論している方、
「他にもっと大事なことがあるだろ~!」とか言いつつ、
記事を読んでコメントも残している方…。
一番短かったのは、

“Who Cares??!!”

でした。   ははは。

この記事、読んでみたいかも~とか、女性10名全員の名前を知りたい!という方は、
すぐ上の赤い文字をクリックして下さいまし。
男性では、Johnny Depp 様の お名前もあります。
ワーストドレッサー賞については、
私、感想を書きたくないので、省いちゃいましたが、
記事では お名前が出ています…。

英語、「とりあえず やってみる」 ことにしました。
さてさて、いつまで続くやら…。

仁さん、今は どうやって、英語の お勉強をしてるのかな…。


【2007/09/14 21:10】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
君の瞳に乾杯!
「君の瞳に乾杯!」
仁さんに言われてみたい...。
・・・・・・・・・・・・
(しばし妄想中)
・・・・・・・・・・・・
だ、だめだ~。
仁さんってば、大汗かいてるし(@カートゥンKAT-TUN いわしさん舌打ち)
無理に言おうとして、
「き、君の瞳に、か、かめ…。」とか言っちゃうし、大笑いしちゃうし…。
妄想くらい、オシャレにいこうよ~、私。

なんじゃそりゃ!な出だしで、すみません。 m( _ _ )m

昨日、朝の『めざましテレビ』と夕方のニュース『アンカー』で、
『インディー・ジョーンズ4』クランクインの話題をやっていました。
『インディー・ジョーンズ』 → Disney Seaのライド → 仁さん

こほん。

クランクインの映像で、
スピルバーグ監督がキャストやスタッフに話している様子が映って…。
乾杯の挨拶で、こう仰ってらしたの。
“ So, here we are again 18 years later. How time flies!
 No one has changed. We’re all looking the same.
 I just wanna say....
 Break a leg. Have a good shoot. Do your best work.
 Here’s looking at you. Cheers! ”

その時の字幕
「ここに我々は集まりました
18年たつのは本当に早いですね
誰も変わっていませんね
みんな昔のままです
良い撮影になりますように最高傑作をつくりましょう
君の瞳に乾杯!」

この「君の瞳に乾杯!」に、すごく反応した私。
映画『カサブランカ』でハンフリー・ボガートが言う台詞。

洋画好きの母と一緒に、小学生の時、テレビで初めて『カサブランカ』を見ました。
子供だったので、時代背景も分からなければ、
大人の切ない恋愛も理解できるわけがなく、
「なんか、暗い映画だな~」と思って見ていたのですが、
「君の瞳に乾杯」の時に、母が「はぁ~」とため息を。
普段の母ではなく、『女性』だったので、ビックリして...。
「君の瞳に乾杯」と As Time Goes By が素敵な曲だ、
ということだけが記憶に残った映画でした。

高校生になって、そろそろ将来のお仕事を考えなくちゃの頃、
英語と映画が好きだから、映画の字幕翻訳の仕事がしてみたい
って、思った時期がありました。(安直)
で、その頃また『カサブランカ』を見たのですけど、
“ Here’s looking at you, kid. ” が「君の瞳に乾杯」と訳されているのを知って、
この翻訳家は天才だ!と思いました。
と同時に、私が字幕翻訳家になるのは、ずぇったい無理!とも思ったのです。
英語が分かるだけじゃ、字幕翻訳は無理。(英語も分かってないけど…汗)
日本語のセンスがないと、ダメなんだ!と。

吹き替えじゃない字幕翻訳は、1秒に何文字という制約もあって、
ぴったりした日本語に訳すのは、本当に神業だと思います。
字幕の翻訳では、時にはバッサリ切って訳さずにおく台詞もあるけれど、
私だったら、全部訳さないと気が済まないような…。
スクリーンの半分以上が文字で埋め尽くされて、
「映像が見えねえぃぞ~」(さむっ)になること間違いなし。

今回のスピルバーグ監督の言葉でも
“ Break a leg ! ” は、直接は訳されていないですよね。
これは、勿論「脚を折れ!」の意味ではなく、
「頑張って!」の colloquial な表現ですけど、
テレビでも、前後全てひっくるめての翻訳。
すごいな~。

あ、そう言えば、“ Break a leg ! ” という表現、
以前、NHKで放送された『アリー my ラブ』というアメリカのドラマで、
主人公のアリーが、スキーに行く親友&ルームメイトのレネに、
“ Break a leg ! ” と、ニヤッと笑って言うシーンがあったのです。
あの時のアリーと、言われたレネの表情が忘れられません。
アリー役の女優(キャリスタ・フロックハート)さんは
ハリソン・フォードさんとの恋を報じられたことがあったけど、
今はどうなってるんだろう…。

ハリソンさん、『インディー・ジョーンズ』1作目の時は、39歳。
現在64歳になられたとか…。
ちらっとだけ、現在のハリソンさんがテレビに映ったけど、
格好良かったような気がします。


一つ前のエントリで、肝心なことを書き忘れました。
オープニング、中丸さん「ズームイン」の後の仁さん。
あのカメラ目線は、反則でしょ~!
ヤラレました。

仁さん、
君の瞳に完敗。


【2007/07/12 10:27】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
Devoted to Jin ~赤西仁さんに夢中~


いろんなことを思いのままに綴ります

プロフィール

まりあ

Author:まりあ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。